猫の食べ物

本日の天気 札幌 雨のち曇り 最高気温14℃

家の猫のきいちゃんの食事は、ウエットのパウチとドライフードのカリカリの他に、自身で鶏むね肉・ささみ、豚肉などを電子レンジでチンしたものを細かくみじん切りしたりして与えている。 食いつきはやっぱり手作りが一番で、次にウエットのパウチ、カリカリをたまに食べるといった感じである。 一番好きなのは鶏むね肉のようで、冷ますときに一生懸命待ってますっていう感じで我慢してる姿が面白い。猫の食事は結構食べれないものに注意しなければいけないようなのだが、自分たちのご飯から直接食べさせたりはしないので、ヒトのご飯やおかずを奪おうとはしない。魚が好きなのかなとはじめは思っていたのだが、好き嫌いがやっぱりあるようで、肉好き派と魚好き派がいるようだ。ウエットフードは圧倒的に魚を中心としたものが多いが、家のきいちゃんは肉がお好みらしかった。まったく食べないわけではないけれど、チキン>マグロ、サーモンといった感じだ。舌でなめつつ食べるのが好きなので、やっぱり少し汁物が食べやすいのだろうな。 ネットで猫のことについていろいろ検索していると、安全なエサの話がよく出てくる。市販の餌の中には、あまりお勧めではない成分が使われていることもあるようなのでね。食べてもいいものは火をとおした肉(鶏、豚、牛など)サツマイモ、ジャガイモ、大根、ニンジン、レタス、きゅうり、トマト、火をとおしたホウレンソウ、豆腐、煮た大豆や枝豆、加熱した卵。イカとタコは与えても加熱した身をほんの少しにとどめることらしい。
玉ねぎやネギ、ニラのたぐいは、煮た汁も厳禁らしいので注意。ニンニクもダメ(多分ゆり根も)。 食用に(!)えん麦も育てているが、基本植物はあまりよくないみたいだ。家にはほかにマコヤナがあるのだけど、それは平気みたいでなにもしない。ラベンダーやスズランは空気でもあまりよくないらしい。庭にはあるけれど見るだけね。(外には出していないので) えん麦は最近種から育てはじめたのだけれど、結構伸びるのが早いのでびっくりしている。

左の二つは7日に種から植えたもの、右のは6日に買ったものだ。明日には追い付くかも。

カテゴリー: きいちゃん, 日々 パーマリンク